こころもち

0
    あろはw

    十月も末になり、日々これ晴天の日々。皆様いかがおすごしでしょうか。どうぞ、小さい幸せと小さい不幸せで包まれておられますよう、お祈り申し上げます。

    良いこと悪いこと、楽しいこと悔しいこと、甲乙つけがたいこと、後になって意味があったこと、まあまあ、なんもはやいろいろなことにあふれている日常でしょうか。w

    ポジテリブなことはやはり強い。そのポジティブ自身から生み出せている人はなかなかいない。それがいかに素晴らしいものか、困難なものか、有り難いものかって。

    繰り返し繰り返すことの困難。困難というかほぼ不可能。やはり違うもので、そのマイナスをプラスへかえて、また下がって上がって、ほんで終わってなんぼに仕上げるのが、仕事なのかと思います。砂の器。
    若い人の歌にある日常からの脱出、退屈へドロップキック的な、、そのロック性、ヤバいものへの美しさはあるとして、やはりそれはすでにあるものへのアンチであって、ゼロからなにかを作っていないところから発するフラストレーションだったのだろうと思い舞うs。ま、無責任よね。経験値を積むというのは無責任を謳歌できる年頃のチャンス機会なんだろーな。


    日々の生活、仕事、言葉、心の動きを丁寧に。丁寧に。丁寧に丁寧に暮らせてもらえるように。自身の中から。


    ナンザンギロギロレストラン、2015年11月10日火曜日から12月2日水曜日まで長期で休暇を取らせていただきます。
    五年目の節にしなければならないことがあります。そして、公的、私的、しっかりとけじめをつけさせていただける時間になるよう。
    その間にナンザンギロギロへお越しの予定のお客様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。残念でございますが、また、次回ぜひご連絡をいただけますよう、お願い致します。

    ナンザンギロギロ 松本吉弘
    nanzangirogiro@gmail.com

    祝福山ご結婚w末永くお幸せに。

    0
      あろはw

      今年の夏は暑かった。風が止まっていて、名ばかりのストームがたくさんあり、湿度のあるハワイの夏でした。そう、そして今、夏がやっとこさ終わった感じで、普通に暑いハワイイにもどり、一安心。

      ストームやらなにが足りないとかなにが遅いとか、そうこうして今年の夏を終えてしまい、ひじょうにありがたいと思っております。終わってナンボというものさしの商売の日々と、心かるくしてくれる小さい感謝の瞬間、で、そんなもん瞬間で吹っ飛ばす理不尽な電話一本、二本三本wま、理不尽も理も実は巡る巡るバタフライエフェクトなのかもしれないしね。また曲解w

      ひとはひとのうえにひとをつくらずひとのしたにひとをつくらず。かな?的なこと唱ったかの人よろしく、また違った意味合い手合いにおいて、うんうんと思いながら、んじゃあ、なんで?なにを?どのように?と考えることをしながら、同時進行で愛や友情、金や時間を切り盛り切った張った。してるわけです。

      なんかの映画か本でそのヒトってのがいなくなった世界は、ま、地球を描いていて、そう、もちろん、そのまま美しいわけであります。どっちが?まあるいちきゅうはだれのもの?





      閑話休題。このクールのテレビwさいこーw

      やっぱり好きな人が二人も出てるとドラマは面白いのか、それとも元から話が面白かったのか。いやあ、天海さんと沢村イッキ、西嶋とチビノリダー、、そして国営放送の朝。楽しくなけりゃテレビじゃない、そういうことですね!岡村さん大丈夫かな、、ひとりラジオおもしろいわ。

      十月の末に少し涼しい風も再来してもらえて、本読みには良い季節かしら。
      みなさまもご機嫌よく、健康で健全な日常をすごせますように。

      ありがとうございます。

       

      うれしくてかなしいこと

      0
        あろはw

        夏真っ盛り、ぎんぎんぎらぎらしてますか?私はひさびさにまっ黒いです。w
        板前として、ちょっとねえ、という自覚はあるのですが歳による新陳代謝の遅行のせいとただただ強い日差しのため、よー焼けます。2、3日毎朝泳いでいれば。そんな具合に夏が来て、京都店は夏休み。いーなー。ハモ食いたいな。ずいき食べたい。

        そんな煮ても焼いてもどうでもいいような会話をするためにカウンターはあると思う、部分もあり、そんな広く浅くの会話を心がけています。wそのおかげで、出会ったカップル。二人ともソムリエでレストラン大好き。食べるのも働くのも。だね。

        ふたりともホノルルのトップランカーレストランで働いていてめっちゃいそがしく、なかなか二人とも休みっていう夜がなく、そういう日があるときに、うちに来てくれていたわけで。

        彼女の方がニューヨークのトップレストランでの仕事を決めた。これはすごい。僕も働きたいお店。そして彼は彼女とともに東へ。すげー。

        ハワイ。ここは最高の島、地球の産物。そして島ゆえの限界がある。もちろんそれは僕にとってのではない。でも、若い人や、選択肢を求める人には、限界と見えると思う。そりゃそーだ。

        たかが人間風情が出ていこうと入ってこようとハワイイに関係はない。ずーーーーっと前からハワイイは美しく、あったわけで。でも、人間は人間の社会で生きる以上、やっぱり限界は土地土地にあって。さびしいね。

        ともあれ楽しみだな、と思うわけです。エキサイティングな夢を持って東の都市へとアクセルを踏み込む人を見送り、またの再会を待つこの身は、決して悲しいだけではなく、瀬戸の花嫁を送り出す弟よろしく、幸せとその人生を誠実に好く願うばかりなんです。また会えるしね。

        そんな感じで水無月はじめ。明日も明後日も山は緑く、海は青く、空はぬけています。

        みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

        ありがとうございます。

        June bride

        0
          あろはw

          はたして英語なのか日本語なのかジューンブライド。六月の花嫁。いろいろ説はありますが、ま。

          お店から走って五分くらいのアラモアナパークには一日に10組?もっと?の新婚さんの写真ツアーをしてらっしゃいます。
          半ズボンの新郎さんが増えた気がする。。w写真のポーズや小ネタも増えて、いろいろあるみたいです。

          五月も末くらいからやっと暑くなってまいりました。夜は案外まだ涼しいですが、朝から陽の光がギンギンジリジリになりました。風も吹いて、雲が早い、雨降ってもすぐ晴れる、ハワイのお天気に。

          水温も上がってきて、心臓がクッとならないで泳ぎ出せるようになってくれたおかげで、日に日に黒くなってきております。

          夏休みはどこへいこう。ハワイか、香港か、和歌山か、青森か、みなさんどうやって旅先を決めてるんでしょう。

          そう、ハワイと京都の間逆に近い繁忙期。京都の春と秋の行楽シーズンがハワイは比較的スローダウン、逆に夏はもちろんですが真冬の十二月から三月にかけてがハワイのシーズンになります。二月が一番多いのかも。日本からの渡航者だけではなく、アメリカ本土、カナダ、中国、アジア圏からみなさん避寒地ハワイに来られるため、ホテルも飛行機もレストランもたいへん賑やかになります。

          六月はどんなかんじでしょう。水無月。じっくり仕事させていただきます。

           

          Mr.Tea cafe

          0
            あろはw

            とにかくお酒が、アルコールが分解できない身体に生まれついたもので、仕事明けに一杯っていう流れはほぼほぼないのですが。
            そんな中、ここの所みょうにはまってしまったお店がありまして。

            美味しいミルクティーが飲めるお店。そして夜遅くまで開店。
            レジの子の対応がステキ。そしてなぜにどこへ行ってもあるのか、タピオカ。
            お店から車で二分ほどのコンドミニアムの一階というロケーション、パーキングが店の裏ドアに直結。

            相性良い。

            夜中に飲むタピオカミルクティ(冷)、ビール、コカコーラ、、、はたしてどれが一番食べてはいけないのか。。

            そんな不惑のアルコール不適合男性がある程度心を許せるお店を少しづつ探しています。


             

            2015卯月

            0
              あろはw

              桜満開アクセル全開みなさま、お体お気持ちご自愛ください。

              人に助けられ鼓舞され、おかげさまでナンザンギロギロレストラン開店四年を迎えさせていただけます。
              ありがとうございます。大変感謝しております。

              お店を回していく回っていくということは本当にたくさんの人の弛まぬ繰り返しの積み重ねの上にのみ成り立つ所業と感じます。
              見えないところで賞賛の言葉もない灰色の時間帯をいかに自身を管理し継続を旨とできるか。
              さらされながらも笑って笑って目の前の方に心の欠片を砕くことができるか。
              自信を磨くため、お金のため、幸せのため、仲間家族を食わせるため、、何のためなのかを見つめること自体が厳しい時間もありますよね。

              京都と神楽坂のギロギロ店長の話を聞いているとすごく学ばされます。彼はチームということとしっかりと向き合い、団として道を歩んでいくことの大切さ強さ素晴らしさを知っています。その困難さも。それはすごく清々しいまでの覚悟なんではないかと思います。

              すぐそこに悲しみ苦しんでいる人がいます。もがき堪えて、キリっと笑っている人がいます。家族を抱えて気張る、でもどう気張るかわからない人がいます。先がわからない見えない、だから目の前の前のことをできる限りやろうという人がいます。もしかしたら、いやおそらく、心の言葉をかけらでも発して、その人へ送ろうという気持ちで発せば、それは好いんだと思うんです。言葉一つ。

              感謝から生まれるもの作りを。
              ぽてんヒットなんか出さないような声がけ。
              その目の前の人に喜んでもらえるように心を配る。

              4/7火曜日から4/22水曜日まで長期休暇をいただきます。その間のご連絡、4/23以降のご予約につきましてはお電話にてメッセージをお残しいただくか、emailをいただけましたらなるたけすぐに返信返答させていただきます。よろしくお願い致します。

              今後ともどうぞよろしくご愛顧ご支援叱咤激励いただきますようお願いさせてください。我々はささげられるもの、費やせるものをお店を通して皆様と共有してまいりたいと思います。

              ありがとうございます。

              nanzangirogiro 松本吉弘
              nanzangirogiro@gmail.com
              808-524-0141
               

              888

              0
                あろはw

                今年は雪が多いという話と、今年は桜が早いという話が一緒に来て、花粉はどうな感じなんだろうと思いながら、何とかかんとか冬がすぎて春が来る気配。
                こちらも風が少し冷たくなる日があったり、日本の海の具合で金目鯛が入荷少なかったり。。

                ともあれもうじき春分。暦の上で。

                この春は自業なれどバタバタとしそうです。もちろん一見バタバタ、実はじっくり。

                同じものごとに対し、相反する感情や判断が生まれることがどんどん多くなってきていて、あらま、となったり、そして、ならなかったり。ひと呼吸おく、というのが安祥なりつつあっているのかと。

                とりわけ、ヒト。一周まわってなんとやらで、一周まわることから生まれる平安。甘えに甘えないように。

                許し許され、癒し癒され、感謝から生まれるものを。振り回される感情の揺れにとらわれないよう、ゆるゆると流して、しっかりと大切なものをたずさえて。

                親先祖からいただいているこのすべては、個のものだけではなくて天地人すべてにつながっている、それならば負も正も、光も影も、嘘も真も。

                円周率のような円円は私たちには身にあまります。

                例えば、偶然であれ必然であれ、ただ自分の前にいるその人が喜ぶのはどんなんだろう、それをしてみる。そういうことをしてまいりたいです。

                ありがとうございます。


                 

                如月吉日

                0
                  あろはw

                  みなさんご機嫌お加減いかがおすごしでしょうか。こちらは日々是好日という思いをもってすごしております。

                  十二月一月二月と長いホリデーシーズンを越えて、弥生献立をよっこらはじめて、やっと仕込みで汗だくになれる気温になってまいりました。

                  おかげさまでスタッフも増えてまいりました。毎日お客さんとうちの子らが話をしているのを見るのは、料理を召し上がっていただくのと同じようにたいへん嬉しいです。

                  たしかに、ブルースリーよろしく考えすぎないで、そこにあるものとして幸せのような自然のような面持ちをうかべて、ここに縁あって出会わせたものたちが、それぞれの道すがらで、和していけたら、その樹のもととなる場所をともに作れたら、いいんじゃないかなと思います。

                  ありがとうございます。

                  そう、花粉症があまりないハワイイ、たいへんありがたいんですが、このところ毎日のように火山灰が飛んできます。遠くにはそれが見えますが近くに来ると見えないくなります。でも、花と目と喉が反応します。水平線の色が変わります。

                  健康に健全に暮らしてまいりますよう、お祈りします。

                  謹賀新年

                  0
                    あろはw

                    元旦の大雪、皆さんご無事でしょうか。あれもこれもとやってやられて途方に暮れて、それでもやはり陽はのぼりまた鍋に火がかかる。そんな毎日を暮らす中で、出会う、勾玉の美しい時間。そんな美しい時間を大切に心に留めて、突然降ってわくよどんだ流れをも微笑んですすす、と越えて参ろうと思います。

                    天地人。

                    大切な本物を、常に忘れずに。

                    そうして僕自身が日々を過ごしていけば、その一帯の流れは好いものになると思うんです。

                    支え合い助け合い、持ちつ持たれつ。できないことはできない!できることはできる!そういう感じと思います。

                    未年、またゆっくりものを考えるのにいい年な気もします。また改めてじっくり噛んで参ります。

                    ありがとうございます。

                    ナンザンギロギロ松本吉弘

                    情熱の薔薇

                    0
                      あろはw

                      もちろん漢字で書けって言われても書けない薔薇。パソコン様様。

                      なるたけ小さな幸せとなるたけ小さな不幸せ。そこは変わることなく、シンプルに。ごくごくシンプルな浮き沈みの暮らしを。

                      神は私が乗り越えられるはずの苦難困難を与えたもう。ならば安心?してしっかり越えてまいりたいと思っています。ただ、私が右往左往することはすなわちざっと周りの仲間家族が大きく右往左往さされるわけで、その向こうにいるその仲間家族を慮ればなおさら。だから、準備して、いろんなところの落とし穴を前もって埋めて歩くんです。

                      それでも落ちる、人の世。

                      自分で足滑らすこともありますな。おごり、よそみ、忙。。忙しいことなんて一個もないのに、、つまりは後手。

                      年の瀬。年の暮れ。夕焼けの紅さがそれを思い起こさせてくれます。

                      今年はとりわけ大きなことがいくつか与えられたもう感じでした。それとの関わり方、それとの折半のつけ方が果たして、深いところでどうであったのかを、文字通り、思い知らせてもらえるのが来る年なのでしょう。どうかな、大丈夫だといいな。

                      羊かあ。ごくごく個人的に、それも自身の中の方で好きな動物です。モクモクしてるし、なんか、もの考えてる感が。ひしひし。そして、こわい。

                      今年も一年もの間、ご支援応援いただき、誠にありがとうございます。皆様からのご支援を励みにすることなくして今の私、ひいては私どもの現状もこれからもございません。いたらぬ点、不躾な点、ご指摘いただき、今後に活かさせていただきたいと思っております。

                      どうぞ皆様、年末年始身体をこわさないように、怪我や病気、事故などお気をつけて。健やかに新年をお迎えくださいませ。そうして、来年もまた好い日々を暮らしていかれますよう願っております。

                      ありがとうございます。またお会いしましょう。

                      ナンザンギロギロ松本吉弘
                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM